Daisy×Daisy MiKAさんのまとめ

Daisy×Daisy MiKA(デイジーデイジー 美香 ミカ)さん関連のライブ、イベント、キャスのまとめなどでいでい(^dxb^)

2017年9月18日 Daisy×Daisy10回ライブ★2017 ~9回目の10歳・ラストスパート!~ まとめ

9月18日

@JAMMIN'(名古屋・伏見)

天気:何事もなかったかのような晴れ

 

f:id:bambooxbamboo:20170926074115j:plain

Daisy×Daisy10回ライブ★2017!!!|NEWS|Daisy×Daisy OFFICIAL FAN CLUB SITEより

 

f:id:bambooxbamboo:20170926073721j:plain

↑9/18朝の大阪道頓堀付近 台風一過で晴天

↓名古屋到着、こちらも晴天

f:id:bambooxbamboo:20170926073728j:plain

f:id:bambooxbamboo:20170926073659j:plain

↑ 写真が若いことに関しては突っ込まない。。。

f:id:bambooxbamboo:20170926073710j:plain

↑ 今日もやっぱり宇宙一カワイイMiKAさんのフォトチケット 表裏(ファンクラブ先行限定)

 

セットリスト

 

1. Dangerous × Dizzy × Daisy

2. BELIEVE

3.  光彩 -ヒカリ-

4.  防衛本脳

5.  Brave your truth

6.  DESERT ROSE

7.  RED EXiSTENCE

8.  星詠みエンドラヴァー

9. PRECIOUS TREASURE

10. Evidence

11. Melty Heart

12. AIolite

13. 空蝉

14. 水面

15. METEMPSYCHOSIS

16. ABStraction

17. BLUE BIRD

18. answer to the master

 

アンコール

19. Apoptosis

20. 千尋の海

21. 永久のキズナ

 

衣装などは前日の大阪と同じ。MiKAさんのブログ参照

個人的な感想ですが、パフォーマンスや盛り上がりは前日よりもっとすごかった。良かった。

セットリストは「(MiKAさんの)今の想いをこめたものを選びました」「想いをこめて歌います」「想いをみんなに伝えたい」を強調されていました。前日の大阪同様、10曲目以降のバラードコーナーのMiKAさんの歌への心の込めかたがすごくて、やっぱり今日も見とれる私。Daisy×Daisyは激しい曲もいいですが、バラードが極上なのです。

昨日今日と無口なエヴァたん。大阪でMiKAさんからエヴァたんに関しての謎の振りがありましたが、iPadの仕込みがあったんですねw 自分で話す代わりに『ポゥ!』『カモン!』の音声を連発で、その声がウザイウザイと笑うMiKAさん。お客さんもその音声を真似して、何をやっても『ポゥ!』『ポゥ!』『カモン』『カモン』と叫ぶというw これには自分の声も入れられるのか?のMiKAさんの質問に、録音すればできるとのことで、最後にMiKAさんの希望で会場のみんなで(飲んでる姿も→)『カワイイ!』をレコーディング。

10月7日の10回目のライブはMiKAさんのお誕生日(10月4日)が近いので、お祝いして欲しいみたいです、プレゼントも募集してるみたいです(^m^ ) 本音は「来てくれるだけで嬉しい」「国体と被ってホテルが空いていないけれど、野宿しても来て欲しい」そうなので、野宿してでも行きましょうw 3連休+国体開催で、普通の値段の普通のホテルはなかなか空きが見つかりませんが、運がよければ見つかるかも。

楽天トラベル 10月7日 松山・道後の宿泊施設 検索

免許がある人は、レンタカーを借りる、カーシェア会員なら町なかのカーシェアで睡眠だけとる、的な野宿もあり

10回目で、愛媛・松山市開催、バースデーも近いとあらば、絶対に特別な空間になって、満足なステージを見せてくれるはず、今までのライブも濃かったのに、それ以上!? もう楽しみすぎる\(^▽^)/

 

 

f:id:bambooxbamboo:20170926073748j:plain

↑ 有志からのミニ花環

f:id:bambooxbamboo:20170926074648j:plain

↑ JAMMIN'に貼ってあった7月のポスターとサイン。

 

 Tシャツはブラック×蛍光グリーン

 

 

 

 

ameblo.jp

 

 

 

 

SHO-TAさん、ライブ直前にお祖母様がお亡くなりになっていたそうです。いろいろと大変な中ディレクターやドラマー、バンドマスターとして役目を果たされてお疲れさまでした。